<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

バケツ班、開発日記1

先日の実験を元に、開発会議を行う。

メラッとした炎から受けた印象は「おきあがりこぼし」
そう、あの殴っても戻ってきて余計イライラするあれです。
ユラユラと揺れる様は炎に似た感じでです。
火元を狙わないと動かない。形として良いのではないでしょうか。

出火元が床面とは限らない。高さを出して、すべてが地面に落ちたら終了としてはどうか。

子どもたちに水のかけ方を説明したい。

そうこう言いながら1つ試作品が出来ました。

ちょっと不格好なので、また後日お披露目いたします!
[PR]

by baketurelay | 2009-07-18 16:49 | ツール開発  

第1回バケツ的あてリレー!

2009年7月5日、イザ!カエルキャラバン!inレスキューロボットコンテストにて、
世界初の「バケツ的あてリレー」の実験を行いました。

メラっとした炎型に500mlのペットボトルを重しとしてガムテープで貼り付けます。

イザッ!!
e0181153_16181799.jpg

足にかかってしまった。そしてなかなか倒れない。


e0181153_1619386.jpg

おっ。うまいぞ!!


e0181153_16203456.jpg

しかし難しい。床が滑りやすく、的があちらこちらに滑ってしまう。ガムテープが外れてしまう。
バケツリレーのやり方や重要性は説明していたものの、「水の掛け方」がわからない子が多い。。。

山積みの課題を持ち帰り、こうして国際ルールへの道は始まったのである。 つづく。
[PR]

by baketurelay | 2009-07-18 16:28 | 実験レポート  

はじめに

e0181153_21265623.jpg

阪神・淡路大震災では、火事が多く発生し、消防の力だけでは火を消すことができませんでした。そんな中、バケツやゴミ箱など、身の周りにあるものを用いて、住民自ら協力してバケツリレーをして消すことが多かったと聞きます。

そんな、バケツリレーのやり方を楽しく、かつ、しっかりと学ぶことのできるプログラム、それが「バケツ的あてリレー」です。

このブログでは、「国際ルールへの道」と題しまして、タイムトライアル形式で行う「バケツ的あてリレー」の世界共通ルール制定や、ツール開発を、そのプロセスを公開し、全世界のバケツリレーファンの方々から意見を頂きながらながら、進めていきたいと思います。
[PR]

by baketurelay | 2009-07-17 21:17 | はじめに